新田高校公式サイト

NITTACLUB 新田高等学校部活公式サイト

放送部
放送部

部活動と勉強との両立(特にスーパー特別進学コース・特別進学コース)を考えられている方々へ(放送部の指導方針)

2019/2/25

放送部では、「学業優先」を部のスタンスとしてとっています。平日、スーパー特別進学コース・特別進学コースは放課後に演習(国語・英語・数学が中心)がありますが、特進系の部員はその演習を終えて活動を始めます(基本18時までの活動ですが、特進系の生徒は活動を始めるのが遅いため、現在は遅くて19時に下校する部員もいます。自分のするべき活動が終われば(放送部は体育部と異なり、それぞれが異なった活動をしています)、自分の好きなタイミングで下校しています)。

また、土日は基本活動していません(大会前や新生祭前など映像制作を進めている時を除く)ので、土曜補習に参加できないことはほとんどありません(年3回実施される大会へ希望して出場する者は大会当日のみ公欠扱いになります)。

定期考査の時間割が発表されると(考査1週間前)、放課後の活動はできるだけ自粛し、考査に向けての勉強に専念します(多くの部員が放課後、放送室でテスト勉強をしています)。

H30年度現在、部員は3学年合わせて17名いますが、そのうち、スーパー特別進学コース・特別進学コースの生徒は5名います(全て1年生)。

現在、愛媛新聞社、愛媛CATVと共同して様々な人物・団体に取材して、原稿を執筆したり、映像編集を行う活動もしていますが、その活動の多くに特進系の部員が積極的に関わっています(これらの活動は参加できる人数に限りがあるため希望制にしています)ので、特進系の部員であっても、本人のやる気次第でそれ以外の系列の部員より多くの放送活動に携わることができます!

「学業優先で高校生活を送りたいけれど、それだけでは物足りない…」と思っている方に放送部は最適な部活です(体育部には到底及びませんが、文化部の中では活発に活動している方だと自負しています)!様々な学校行事を裏方の「盛り上げ役」として積極的に関わることができ、放送部以外では経験できないことがたくさん経験できます(一般の生徒とは違う視点で新生祭や体育祭をはじめ、入学式、創立記念式典、演芸大会、卒業式など様々な学校行事に携われるため、放送部ほど多くの学校行事に関わる部活動はないと思います。そのためか、放送部員の多くは学校行事以外の何事に対しても一般の生徒より積極的に取り組む姿勢が身に付いていると思います(放送部の本HPをご覧いただければその活動の幅広さがお分かりいただけると思います。例えば、ひるらじに「カモ☆れでぃ★ナイト」が来た企画は部員自らが番組に応募したことで実現しました)。因みに、部員たちに自ら考え積極的に行動する姿勢を身に付けさせるために、教師主導ではあまり活動せず、教師はアドバイザー役、段取りの調整役に徹しています)!!

様々な「経験」を積むことが「人間としての成長」にもつながり、更には「学力の向上」にもつながると私は考えています(例えば、インタビューの経験を積むことで、初対面の人とのコミュニケーションの取り方を学べますし、原稿を書くことで、語彙力や思考力が身に付くと思います)。そのため、部員たちが「やりたい」といったことは、大きな問題があると判断しない限り、基本やらせています。

これからも部員たちには様々な「経験」をさせようと思っています。様々な「経験」を部員たちにさせることで、知識の丸暗記ではない「真の学力」(AIやIT技術がますます発達する将来を生き抜く力)が身に付くと私は確信し、信念をもって陰ながら指導しています【余談にはなりますが、従来実施されている「大学入試センター試験」は2019年度までで、2020年度から思考力も測る「大学共通テスト」に変わります。つまり、今後大学入試で求められる学力が変わってきます。そのため、新田高校の授業においても、一部の科目でアクティブ・ラーニングを取り入れた授業などが実験的にスタートするなど授業スタイルも少しずつ変化しています】。一人でも多くの入部を心よりお待ちしています!!

(文責:部長(教諭) 市川 和貴)